カテゴリ:物語( 2 )

温井ダムをもっと知りたい

お久しぶりです。

このブログ「温井ダム物語」ですが、安芸太田町内のイベントや、ダム活用会議の報告、詳細が主な記事となっております(ちょっと反省)

もっと温井ダムについて知りたいと思っています。
最近ダム活が力を入れているウルトラマラソンの情報をインターネットで探していると、財団法人日本ダム協会のホームページに行きつきました。

特に興味を持ったのは、ダム雑学コーナー→ダム便覧2009→テーマページ→ダム関連書籍→ダムの書誌あれこれ(9)温井ダムを訪ねるです。

1.温井ダムとは
2.来てくれと頼んだ覚えはない
3.ダム建設の特徴は
4.温井ダム温度

ある程度内容については知っているつもりでしたが、改めて読んでみるととっても深い♪
ぜひ温井ダムや全国のダムについて興味のある方は読んでみてください。

温井ダム物語というタイトルで掲載している以上は温井ダムの歴史、地域の皆さんの思いを大切にしながら、これからのダム周辺の活性化、安芸太田町における温井ダムの位置づけを考えねば…

もっともっとダムの魅力、町の魅力を発信し多くの皆さんに興味を持っていただけるようにしたいものです♪


b0169307_12145397.jpg

[PR]
by nukuidamu | 2009-12-07 12:15 | 物語

龍姫物語

温井ダムには「龍姫物語」という伝説が伝わっています♪
温井ダムを見に行った時、この物語を思い出しながら龍姫湖を眺めてみてください。
b0169307_13292322.jpg

龍姫のキャラクターです。


温井ダムによって形成された人造湖「龍姫湖」。ダム完成によって沈んだ「江の渕」には娘に化けた龍が住んでいるとの伝説が有り、名前の由来となっています。

 昔、温井のある家に美しく、優しい娘が女中として働いていました。この家の主人は働き者の娘をたいそう気に入りましたが、ひとつ気になる事がありました。娘は夜更けに外へ出かけて行き、必ず草履を濡らして帰って来るのです。
 毎夜続く娘の不可解な行動が気になって仕方ない主人はある夜、娘の後をつけて行くと、娘は江の渕で足を止めました。 何をするのか!?主人は木陰から様子を窺います。娘は服を脱ぎ渕で水浴びをしようとしていました。
 娘の美しい姿に見とれるあまり主人は足を滑らせ、その物音で気付かれてしまいます。主人は隠れるのを止め、娘の名前を呼びました。すると娘は寂しそうに微笑み、水に飛び込みました。慌てて駆け寄る主人ですが、そこには娘の姿は無く、渕の中へ消えていく一匹の大蛇でした。

 最初に記述したように、残念ながら江の渕はダムの底へ沈んでいます。しかし伝説は忘れられる事無く、地域の方々によってしっかりと伝えられていました。

b0169307_13291116.jpg

ダム周辺で開催している「龍姫湖まつり」・・・毎年やってます。
[PR]
by nukuidamu | 2009-03-26 13:31 | 物語